閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 生理はいつ来る?コントロールするためにホルモン剤は有効ですか?ホルモン…
    2. 黄体ホルモンを使用すると妊娠しやすくなるのですか?生理前の不快な症状の…
    3. ホルモン剤の副作用とうつ病との関係とは?ホルモン剤の副作用とうつ病との…
    4. ホルモン剤が合わない時ってどんな時?どんな症状が出るの?ホルモン剤を飲…
    閉じる

    ホルモン剤服用中に飲酒しても大丈夫?適切な量とは?

    ホルモン剤の副作用とうつ病との関係とは?ホルモン剤の副作用とうつ病との関係について

    ホルモン剤の副作用

    ホルモン剤は女性特有の疾患の治療の際に使用され女性ホルモンに働きかけるモノなので副作用は出やすいといえます。
    ホルモン剤も様々な種類があり、使用する薬剤によって副作用のリスクは違うのですが、基本的にどれも体が薬に慣れることで1ヶ月か2ヶ月程で治まるケースが大半と言えます。

    実際にどのような副作用があるのかと言えば、不正出血などが見られこの症状はホルモン補充療法の副作用として知られています。女性ホルモン本来の働きにより起こるので体に悪い影響はないと言えます。

    その他にも乳房のハリ、下腹部の痛みといった症状も見られ、この症状はエストロゲンの作用と言えます。そんな症状も最初の1、2ヶ月だけですし、ホルモン剤の回数、量を調整することで緩和できます。

    またホルモン剤を使用すると子宮がんリスクが高まるとも言われています。その理由はエストロゲンだけを長期的に投与すると子宮内膜が増殖するので子宮体がんのリスクが高くなるのです。

    だからエストロゲンと併用しプロゲステロンを投与する治療法が一般的で、そうすることで子宮がんのリスクを抑えることが出来ます。その他にも胃のむかつき、むくみといった副作用も出るケースもあります。

    ホルモン剤とうつ病との関係

    ホルモン剤を投与するとその副作用でうつ病の発生リスクが高まるといった研究結果、検証結果は今のところ存在しません。

    ですがホルモン治療中もしくは治療後にうつ病をはじめとする心理的な不具合が起こることは少なくありません。特に治療中は治療前からの症状に加えてホルモン剤の副作用が出るので不安や体の不調に引き摺られうつ病となるケースがあるのです。

    だからホルモン剤の治療中はうつ病や心理的な症状が出ていないかを気にかけておくようにしましょう。うつ病を見逃さないことが大切です。

    うつのサインとしては気分が沈む、意欲の低下、自責感、焦燥感、倦怠感、食欲低下、不眠などが挙げられます。 

    関連記事

    1. 黄体ホルモンを使用すると妊娠しやすくなるのですか?生理前の不快な…

    2. ホルモン剤が合わない時ってどんな時?どんな症状が出るの?ホルモン…

    3. 生理はいつ来る?コントロールするためにホルモン剤は有効ですか?ホ…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    コメントするためには、 ログイン してください。

    ピックアップ記事

    1. 女性は生理周期というのがあり、28日周期や31日周期などで生理が訪れます。またホルモンバランスが悪い…
    2. 産婦人科や不妊治療でよく耳にする黄体ホルモン(プロゲステロン)ですが、この黄体ホルモンは妊娠を助ける…
    3. ホルモン剤の副作用ホルモン剤は女性特有の疾患の治療の際に使用され女性ホルモンに働きかけるモノなの…
    4. ホルモン剤は、医療機関で治療のために処方される薬です。薬であるために、内服すると副作用が出る人もいま…

    カテゴリー

    アーカイブ

    ページ上部へ戻る