閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 生理はいつ来る?コントロールするためにホルモン剤は有効ですか?ホルモン…
    2. 黄体ホルモンを使用すると妊娠しやすくなるのですか?生理前の不快な症状の…
    3. ホルモン剤の副作用とうつ病との関係とは?ホルモン剤の副作用とうつ病との…
    4. ホルモン剤が合わない時ってどんな時?どんな症状が出るの?ホルモン剤を飲…
    閉じる

    ホルモン剤服用中に飲酒しても大丈夫?適切な量とは?

    ホルモン剤服用中に飲酒するのは医師によって見解が分かれます。妊活目的なら避けるべき、たしなむ程度ならOKと様々です。しかし基本的には毎日酔うほど飲まなければホルモン剤への影響ないと考えて良いでしょう。どうしても不安なら飲まない、医師に確認を取ると安心ですね。

    ホルモン剤を内服中にお酒は飲んでもいいの?お酒はOKホルモン剤内服中のお酒の飲み方とは

    女性は避妊のためにホルモン剤を飲んだり、不妊治療のためにホルモン剤を飲むこともあります。ホルモン剤はホルモンを整えるために内服しますが、薬を飲む時に、日常生活は普段通りに行っているもの。

    日常生活の中では付き合いでお酒を飲むこともありますし、習慣的にお酒を飲むこともあるでしょう。ホルモン剤を飲む時にお酒は影響しないのでしょうか。

    お酒を飲むと体に影響がある?


    ホルモン剤を飲んでいなくてもお酒を飲んでいると体に影響があることもあります。体に影響のない程度、たしなむ程度で非日常的に飲んでいる場合は、リラックス効果をもたらしたり、良い面もあるのですね。

    しかしながら日常的に、毎日酔うほど飲んでいると、お酒を代謝する肝臓に負担がかかったり、胃腸があれたりすることもあるのですね。そのためにお酒の飲み方には注意が必要なのです。

    ホルモン剤とお酒の関係は?

    ホルモン剤を飲む時には、定期的に血液検査をしますし、肝機能に問題ないことが条件となります。そのためお酒を飲んでいる人でも肝機能に問題なくホルモン剤を始めた人が多いでしょう。

    その場合は、あまり飲み過ぎなければ、お酒はホルモン剤に影響しないという場合が少なくありません。

    ただお酒をたしなむ程度ならいいのですが、泥酔するほど飲むことはお勧めできません。お酒を飲んで夜遅くなったり、生活習慣が乱れて、ホルモン剤を飲む時間がずれ込む可能性もあります。

    またホルモン剤を飲む時間を夜に設定している場合は、その後お酒を飲み過ぎることにより、吐いたりしてしまうとホルモン剤の効果が半減してしまいます。
    そのために生活に影響が出るほど飲み過ぎるのはお勧めできないのです。

    まとめ

    ホルモン剤を飲んでいる時にお酒を飲む場合は、あらかじめ医師に相談しておくといいですね。医師によってもたしなむ程度なら良いという医師もいますし、これから赤ちゃんを授かる予定なら、お酒を避けるべきという医師もいます。そのため相談してから量を決めたりすると安心して摂取することができます。

    ピックアップ記事

    1. 女性は生理周期というのがあり、28日周期や31日周期などで生理が訪れます。またホルモンバランスが悪い…
    2. 産婦人科や不妊治療でよく耳にする黄体ホルモン(プロゲステロン)ですが、この黄体ホルモンは妊娠を助ける…
    3. ホルモン剤の副作用ホルモン剤は女性特有の疾患の治療の際に使用され女性ホルモンに働きかけるモノなの…
    4. ホルモン剤は、医療機関で治療のために処方される薬です。薬であるために、内服すると副作用が出る人もいま…

    カテゴリー

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る